スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
茅花(つばな)
2013-02-14 Thu 22:11
つばな

鶯の 初音きこゆる茅の原に 出でて浅茅の茅花見つけむ
うぐいすの はつねきこゆるちのはらに   いでてあさじのつばなみつけん

茅花(つばな):チガヤの花穂。また、チガヤの別名。

文字和色名=浅緑(あさみどり)


道端の茅の新芽も、もうそろそろ出始めてるのかな?
幼少の頃、母親の後をついて家に帰る途中、つばなを摘んで中にある穂を口に入れ、ガムのように噛んでたのを思い出します。(^^ゞ

鶯の初音の便りも届いてきました。
初音の鶯は、上手く鳴けないらしくたどたどしい下手な鳴き声だけど、だんだんと上手く鳴けるようになって、毎年聞いているあの「ほーほけきょ」って鳴くようになるんです。
でも、鳴いている方を見ても姿は見つけることが出来ないんですよね(*^_^*)

・・・花札の梅に鶯の絵柄の鳥はウグイスじゃないとか言われ、梅に鶯ってよく言うから梅の木に来てるメジロをウグイスと間違えたらしい。・・・
ってよく聞くけど、「梅に鶯」の意味は、梅にウグイスが飛んで来るからではないんです。

「梅に鶯」
取り合わせの良い二つのものが調和したり似合ったりすることのたとえであり、梅は春を待つ人々に咲きかけ、春告鳥とも言われるウグイスは春の訪れを歌い共に親しまれました。
この二者を取り合わせることはこの上もなく春の訪れを盛り上げてくれる事なのです。

ブログランキングに参加しています。(*^_^*)
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 
別窓 | 画像綴り短歌 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<はるさめ | 三十一文字(みそひともじ) | ふしわけ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 三十一文字(みそひともじ) |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。