スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
告天子(こうてんし)
2013-04-18 Thu 19:45
雲雀

さへづりを聞ひて見上げるそふきうに舞鳴き声の高く響かむ
さえずりを   きいてみあげるそうきゅうに      まいなきこえのたかくひびかん

そふきう:蒼穹(そうきゅう)・・・青く晴れ渡った大空。
告天子(こうてんし):雲雀(ひばり)の別名

文字和名:焦香(こがれこう) 

 
 雲雀(ひばり)のさえずりは上昇していくとき「上がり」と呼ばれ、空中で停飛しているときは「空鳴き」、「舞鳴き」、そして降りてくるときは「降り」と、それぞれ鳴き方が異なります。
 上昇していくときは比較的単純な鳴き声の繰り返しですが、停飛状態になると、多い個体では15種類以上もの声のパターンを組み合わせて、複雑なさえずりを長時間続けるそうです。
 そして、降りてくるときはスズメや他の鳥の鳴き声も混ぜ、少し短めの声を組み合わせているとの事。
麗らかな晴れた青空を眺め、空高く上昇した雲雀の姿を見つけようとしても、すぐには見つけられず首が痛くなってしまいます・・・こりゃやべぇwww。


画像拝借
『鳥蝶魚』 2012年12月 


ブログランキングに参加しています。(*^_^*)
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 
別窓 | 画像綴り短歌 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<浮き立つ山紫 | 三十一文字(みそひともじ) | あしかび>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 三十一文字(みそひともじ) |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。